カテゴリー: 医療脱毛に関する記事

脱毛機器 ジエントル ヤグについて

脱毛に勤しむ女性
昨今医療組織で導入されている機器の一種類「ジエントルヤグ」は、「ヤグレーザー」を内蔵した機器です。

「ヤグレーザー」とは、波長の長いレーザーが肌の深部に働き、メラニンなどの周辺環境に左右される事なく脱毛成果が見込み可能なポイントを持ちます。

この特質は、お肌の炎症などの小さなものから、火傷などの大きな危険性から身を守る事ができるです。

最も特筆するべき事は、レーザー照射時に幹部にマイナスの冷却ガスを噴射させる性能です。

これにより、肌の幹部は麻痺したステータスになり、脱毛時の肌への温度上昇が抑えられる事が望みされます。

冷却ガスの温度は約マイナス20度を下回るとされています。

これにより、冷却のための溶剤を肌に塗布する不可欠がないので、ジエルの使用がウィークポイントな時にも有効とされます。

特に女のVIO脱毛においては、色素沈着と根深い発毛にそれに対し高い影響を見込みする事ができます。

波長は1000nm以上と言われており、深部へのアピール力に勝っている事から、メラニン色素への悪影響を緩和させる事ができるです。

少々の日焼けした肌の脱毛にも適応可能な特質を持ちます。

とはいっても、日焼け後のお肌の程度や、日焼け後の期間においての使用の有る無しは、医者の指示に伺う不可欠があります。

以上、昨今特に注意を浴びている脱毛機器「ヤグレーザー」が内蔵された「ジエントルヤグ」のトレードマークについて造作なくにご解説しました。